現在、国内においては、アルマー化工としてよく知られております。この処理は、溶融アルミニウム浴の中に被処理材を浸漬し、その表面にメッキを行ないます。
アルミメッキを行うことにより、鋼材の表面に銀白色の平滑面を得ることができます。これは、表層においてアルミニウムが非常に薄い酸化被膜(Al2O3)を形成しているためです。写真1にて解る通り、母材の表面にFeAlの合金層が生成され、その上に純アルミニウム層が生成されております。通常のアルコート化工で得られる合金層と純アルミニウム層の厚みは0.03〜0.07mmとなります。その合金層の組成はその大部分がFeAl3、アルミニウム層寄りにFe2Al5で構成され、アルミの濃度は 50〜55%程度(単位面積あたりのAl付着量は150〜200g/m2、硬度はHv900前後)です。
又、アルコート化工品を酸化性雰囲気にて加熱すると、写真2の通り表面の純アルミニウムは拡散し、その合金層は厚くなり、又微細なピンホールが封孔作用に依って塞がれ、耐酸化性が向上します。
(写真 1) 一般的なアルコートTM鋼の断面図
(写真 2) 二次加熱後の組織断面図
耐海水性に優れている
アルコート化工品は、海水・塩水に対する耐食性に優れ、亜鉛メッキの2〜4倍、重量減少比較では5〜10倍も腐食が少なくなります。

≪用  途≫甲板上蒸排気管、油圧配管、熱交換器用チューブ、消火配管等。
850℃までの耐高温酸化性を保有する。
アルコート化工品はFe-Al合金層により、優れた耐熱性・耐酸化性を発揮します。

≪用  途≫ 焼却炉用ダクト・煙突、熱風管等
耐硫化・耐硫化水素性を保有する。
アルコート化工品は、中性域での硫黄、硫化水素に優れた耐食性を示します。特に石油精製、石油化学の分野に於いて、各種設備にて使用いただいております。
耐候性に優れている。
アルコート化工品は、緻密な酸化アルミニウムの被膜で覆われているため、優れた耐候性を持っています。一般に使用されている亜鉛メッキに比べ、2倍以上の耐久性を発揮します。

<<用  途>> 手摺、グレーチング、各種配管等。
溶融アルミメッキに関しては、そのメッキ方法、試験方法にについてJISにて規定されております。
    JIS H8642 : 溶融アルミニウムめっき  
    JIS H8672 : 溶融アルミめっき試験方法
1)化工に関して
化工釜の有効寸法

7000mm(L) x 900mm(W) x 900mm(H)   1基
溶接構造物は、変形防止の為、あらかじめ歪み取り焼鈍を行う場合もあります。
アルコート化工の場合、表面に付着されるだけでなく、素材内にも拡散浸透しますので、若干膨れます。ボルト・ナット類に関しては、化工前に0.2〜0.3mmのあまネジ加工を施す必要があります。
2)異種金属との組み合わせ
アルコート化工は、水分を含んだ環境では殆どの金属材料に比べ電位が低い ため、これらの異種金属と直接に接触するとめっき層が思わぬ速度で腐食することがあります。銅、ステンレス、鋼、チタンとの直接接触は避けてください。
又、やむを得ない場合は、フランジ類を利用し、絶縁処置を行ってください。
重金属イオン含有水溶液中での使用
銅イオン、水銀イオンを含む溶液中では、アルコート化工品は急激に腐食しますのでご注意ください。
詳しくは、下記までお問合せ下さい。
TEL 095-882-0630, FAX 095-882-7319
E-MAIL: ここをクリックして下さい