石油工業では、硫黄分の多い原油を取り扱うため、H2Sによる硫化腐食が重大な問題となって おります。腐食生成物であるFeSは多孔質であり、しかも比容積が大きく、剥離し易い為、腐食し、寿命が短くなることは勿論問題ですが、腐食生成物が下流の機器に堆積し思わぬトラブルを起こすこともあります。
 スーパーカロライジング鋼はH2Sによる高温硫化腐食に対して極めて大きな抵抗力を有するばかりでなく、水素化脱硫装置等で発生するオーステナイト系ステンレス鋼のポリチオン酸応力腐食割れを防止する効果も有します。

純硫化水素による腐食試験 (650℃X24hr)
材質 腐食量(mg/cm2) 倍率
無処理材 スーパーカロライジング材
炭素鋼 173.5 0.6 290
2%Cr-0.5Mo鋼 124.0 0.5 248
5%Cr-0.5Mo鋼 172.8 1.3 133
SUS304 36.5 0.1 365