一般的に、アルミやクロムを含む鉄鋼材料は耐熱性、耐高温酸化性が高いことが知られていますが、特性向上のために更にこれらの元素を多量に添加すると、耐 熱特性は向上しますが材料の機械的性質は著しく劣化してしまいます。材料の機械的性質を殆ど劣化させることなく、材料表面に極めて密着性が良好で、しか も、耐高温酸化性・耐食性・耐摩耗性に優れた合金層を提供するのが金属拡散滲透法です。この金属拡散滲透法とは、高温でアルミ、クロム、チタン等 の金属をガス状にし、材料の表面に析出させて内部へ拡散させる技術で、あたかもチョークにインクが浸み込んでいく様な現象です。弊社ではアルミ、クロム、 チタンの持つ特性を金属拡散滲透技術としてスーパーカロライジング、クロコートTM(クロマイジン グ)、TC処理(チタナイジング処理)として確立し、産業界の様々な分野に活用されています。これらが他の表面処理法(メッキ、溶射等)と最も 異なる点は、表面層が被処理材成分との合金で形成されていること、また、表面近傍のアルミ及びクロムの高濃度層が、表面から母材方向へ緩やかなカーブを描 きながら次第に濃度が薄くなるいわゆる傾斜機能材料になっていることにあります。従って、合金層と母材との密着性が極めて良好であり、厳しい加熱 冷却の繰り返しによっても剥離することはありません。
(各種コーティング法対する一般的評価は こちら)


詳しくは下記までお問合せ下さい。
TEL 095-882-0630, FAX 095-882-7319
E-MAIL: ここをクリックして下さい